セール中がんばりすぎて声がおじさんにw

ここでは、正社員としてアパレルに勤めていた人が経験した催事のきつい経験を紹介します。

アパレルの催事はしんどいことがいっぱい…

セールなどの催事でとにかく走り抜けた後に待っていたつらい体験談を紹介します。

同じ言葉をひたすら言い続けた結果、声がまるでおじさんに(笑)

アパレルショップの一大イベントと言えば催事、つまりセールです。セールの日はスタッフ全員が1日我を忘れて働き続ける日です。今回もまた人の波。オープン前から並んだ人が開店と同時になだれ込んできます。その後はもう記憶にないくらいの怒涛の時間が過ぎていきます。

ひたすら同じ言葉を機械のように繰り返しています。「本日〇%オフでーす」「お買い得になっておりまーす」など言い続けるんです。

それも店外まで聞こえるよう大きな声で。そして気が付けば閉店時間。その後今度は商品を出して翌日の準備やら店内を片づけて、ほっとして出た声がまるでおじさん(笑)すっかり枯れちゃって。でもこれが催事の私のイベントです。

タイムセールの呼び込みでは全力で声を張り上げてました

アパレル会社の正社員になってきついのは、催事の時のつらさです。催事とノルマはワンセットになっているので、思うように売れなかったときや販売目標を達成できなかったときはプレッシャーがすごいです。

催事なので1日中重い商品を運び出して補充したり、呼び込みで声を張り上げたりと激務がさらに激しさを増すので、体調を崩したりいつもより立ち仕事を辛く感じることもあります。

それに、催事の時はとにかく忙しいので休みが取れません。しかも休憩もほとんどとれないのが現実なんです。お客様の波に押されて1日が終わるので、とにかく忙しいのがきついですね。

管理人アミのひとことメモ♪

アパレル関係の一大イベントと言えばセール。この時はとにかく社員もアルバイトもお客様をさばくのに必死になるのよね~。
後から後からレジも並ぶし、とにかく商品も並べなくちゃいけない、畳まなくちゃいけない、呼び込みやレジやサッカーや対応や…もう我を忘れちゃう。しかも正社員だと終わってからの仕事もあって放心状態よ。
派遣なら、セールでも通常でも仕事の条件がきっちりしてるからここまできつい思いはしなくてすむのよね。だから私はぜったい派遣をおすすめするわ。
管理人アミのアイコン
おすすめのアパレル派遣会社3選

PAGE TOP