ノルマがキツくて自ら社販してました…。

正社員としてアパレルに勤めていた人に課せられたノルマを達成するための苦しい日々を紹介します。

アパレル販売に課せられたノルマ

厳しいノルマを達成するために必死で取り組んだ末にどうなったのか、その体験を告白します。

目標達成するとちょっとだけボーナスはもらえたけど…

アパレルショップで正社員として働いていた時のことをお話しします。私のお店では販売のノルマがありました。それもシーズンごととか世の中のイベントごととか結構多いんです。

ペナルティーこそないけれど、売上目標があってそれを達成するよう店長から無言のプレッシャーがかかってました。売れない時など最悪で、雰囲気から自腹するんです。

社割とはいえ毎回自腹するのは大変で精神的につらかったです。目標を達成すると少しばかりのボーナスみたいなものがありましたが、でも自腹も多いのであまりメリットは…。

決して高くないお給料の中での自腹は大変でした

アパレルショップの販売をしていると、たいてい今月の売上目標とかでノルマが発表されます。頑張って達成しようと思うのですが、なかなかそうもいきません。正直言ってアパレルって正社員でもお給料はそんなに高くないんですが、そのお給料の中から自腹で買うことも少なくありません。

もちろん自分の好きな洋服を買うのは社割が効くので安く買えるメリットはありますが、ノルマのために買うのとはわけが違います。お給料の5分の1くらいを自腹購入に充てることもあって結構生活そのものが追い詰められたりしていましたね。

管理人アミのひとことメモ♪

アパレルショップのノルマの話って結構有名なんだけど、売上目標が提示されると必死なのよね。
店長が数字を毎日チェックするし、一喜一憂してるのがほんと精神的に病みそうになるくらい。それなら数字上げなきゃって自腹で買うのも当たり前。
なんかこれがアパレルの常識みたいになっちゃって、辞めた今となっては周りの空気に飲まれて感覚がずれてたのかなって思っちゃう。
その点、派遣ならノルマのプレッシャーもほとんどないから、アパレル販売をほんとに好きな仕事としてやっていけるかもね♪
管理人アミのアイコン
おすすめのアパレル派遣会社3選

PAGE TOP