契約社員

アパレル業界で働く上で契約社員とはどういう雇用形態なのか、またメリットやデメリットもピックアップして説明しましょう。

そもそも「契約社員」とは?

契約社員とは、企業と期間を決めて直接雇用契約を結んだ労働者のことをいいます。つまり、正社員との大きな違いは「雇用期間が定められている」ということです。

正社員であれば、解雇や自主退職などでなければ定年退職までその会社で働くことができます。それとは異なり、契約社員は契約時に期間を設定するので、雇用期間が終わるときに更新しなければその会社で働くことはできません。

ですから、契約時の条件をしっかり把握しておくことが大切です。場合によっては、期間満了すると転職しなければいけなくなります。

また、業務時間については勤務時間が契約ごとに定められているので、自分のスタイルに合った時間契約をすることが可能です。

さらに、契約社員であれば一つの会社だけでなく複数の会社と契約することが可能になります。労働日数を契約時に明記すれば、上手に調整して複数の企業で働くことができます。

契約社員であっても直接雇用なので、会社の厚生年金や健康保険などが適用され、有休なども正社員と同様に採ることができます。

ただ、賞与や昇給などがないことが多く、契約更新時に給与の見直しをする会社がほとんどのようです。

アパレル業界での契約社員のメリット・デメリット

それでは、契約社員で働くことのメリットとデメリットをピックアップしてみましょう。

メリット

  • 有期契約なので比較的採用されやすい
  • 持っているスキルによって優遇されることがある
  • 実力に応じて昇給や賞与が見直し設定されることがある

デメリット

  • 長期に就業するのは難しいことが多い
  • 仕事の成果次第で契約更新が左右される
  • 退職金は支給されない
  • 給与は時給制か年俸制が多い
  • 賞与はないか、あっても正社員より少ない

契約内容を見るとメリットが多いようにも思えますが、実際にピックアップしてみるとデメリットの方が多いのがわかります。

契約社員で働く人の強みは、スキルがあること。他の人にはないスキルや経験、実力がある人は、その能力が買われて採用されるので優遇されるケースが多いようです。

ただ一般的な契約社員では、金銭的なデメリットがあることや、契約更新のあるなしが常に付きまとうという不安が付きまとうことが予想できます。

管理人アミのひとことメモ♪

契約社員って早く帰れるしちゃんと休めるしいいなと思ってたけど、意外にシビアなのね。
ボーナスがないとか退職金がないとかいうのはさすがにツライね。
それに、契約が終わって更新されなければまた就活が始まるのは結構大変なんじゃないかな。
とはいえ、会社に縛られない働き方にも憧れる!
やっぱり総合的に見て、派遣で働くのが一番メリット多い気がするわ。
管理人アミのアイコン
おすすめのアパレル派遣会社3選

PAGE TOP